★☆現在のセミナー開催情報★☆

【大阪】

カラダシフト睡眠 体験セミナー

https://ex-pa.jp/s/ishc6Y4M

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

眠りを阻害する7つの習慣


カラダシフト睡眠の荒川内です。


今日は「眠りを阻害する7つの習慣」についてお話しします。

①夕方以降のカフェイン

②夜、帰宅中に電車内での居眠り

③残業後のコンビニ

④寝る前の大食い

⑤寝る直前の熱いお風呂

⑥寝る前の筋トレ

⑦布団でのスマホチェック


この7つの習慣、

今まで経験したことがある内容も

多いのではないでしょうか?


では1つずつ見ていきましょう。


①夕方以降のカフェイン

これはなんとなく聞いたことありませんか?

夕方以降のカフェインは簡単に言うと

眠くなるはずのタイミングに

脳とカラダがそれに気づかず

活動を続けちゃうことです。

これを続けてしまうと

大きな問題の元凶になってしまう恐れがあります。


②夜、帰宅中に電車内での居眠り

これもついウトウトって

やってしまいますよね。

帰宅中の居眠りは睡眠のリズムが悪くなってしまいます。

その結果、寝つきが悪いとか

朝の目覚めが悪くなったりとか

気だるくなったりとかに繋がります。


③残業後のコンビニ

このコンビニは何が問題かと言うと

光です。

コンビニの照明ってかなり

威力が強いんです。

それを浴びることによって

睡眠ホルモンのメラトニンの分泌が悪くなり

カラダが覚醒してしまいやすいのです。


④寝る前の大食い

これは消化エネルギーが良い睡眠の邪魔をします。

睡眠中には大事な働きがあります。

特に眠り始めの3時間は成長ホルモンが出て

カラダの成長や修復などアンチエイジングの働きであったり

他にもいろんな働きがあります。

しかし、寝る前の大食いによって

消化するのにエネルギーを使い

本来行う働きを阻害して

質の悪い睡眠であったり

疲れが取れない状態が起きてしまいます。


⑤寝る直前の熱いお風呂

熱いお風呂はカラダを活性化させます。

それだけで睡眠の邪魔をしてしまいます。

体温や呼吸、脈拍を下げていくことで寝る準備を

するんですが、カラダが熱くなると逆の働きをしてしまうのです。


⑥寝る前の筋トレ

寝る前の筋トレもカラダを活性化させます。

疲れて寝つきが良くなる人も中にはいるかもしれませんが

睡眠の質は圧倒的に悪くなってしまいます。


⑦布団でのスマホチェック

寝る前のスマホチェック=ブルーライトを浴びると

濃いエスプレッソコーヒー2杯分の覚醒作用と言われています。

睡眠の質がやはり下がってしまうんですよね。


これら7つの習慣が睡眠の質を下げて

結果、日中の質も下げてしまいます。

仕事の集中力や作業効率とかストレスとか

太りやすいとか肌荒れとか・・・

病気のリスクだって上がります・・・


1つずつでいいのでこの7つの習慣を

とっぱらっていきましょう。

【カラダシフト睡眠1dayセミナー】

睡眠の質を上げる原理原則をお伝えしている

カラダシフト睡眠セミナー

・睡眠に悩みがある方

・悩みはないけど今よりもっとよくしたい方

・起きている時間のパフォーマンスをあげたい方

・睡眠を味方にして翌日のパフォーマンスを 自分でコントロールしたい方

セミナーへお越しください。

https://ex-pa.jp/s/ishc6Y4M

===================

セミナー情報&睡眠情報はこちら

カラダシフト睡眠LINE@へ

https://line.me/R/ti/p/%40tyd8123d


荒川内 博のFacebookはこちら

https://www.facebook.com/hiroshi.arakawauchi

===================

Copyright ©︎ 2018 hiroshi arakawauchi All Rights Reserved

このブログは全文が著作権法によって保護されていますが、

ご家族ご友人に限りお役に立てれば全文の転送を前提として共有していただいて構いません。

但し、メディア等の公に公開することは禁止しています。 

カラダシフト睡眠

その日の睡眠が翌日のパフォーマンスをつくり 日々の睡眠があなたの人生をつくる。 睡眠栄養指導士協会®認定講師 荒川内 博

0コメント

  • 1000 / 1000